生活環境の改善でヒゲの濃さにも影響が出ると言われています

ヒゲは遺伝するのでしょうか?答えははいです。
正確に説明すると人間の毛は少なからず両親からの遺伝を受けており、
両親の毛が濃い場合、または一方が濃い場合など、
その状況により遺伝する確率は変わってきます。
そのためヒゲも濃い人も居れば薄い人も居ると思います。

 

また、ヒゲは遺伝的な影響の他にも生活環境によって
ヒゲが生える早さも変わってきます。
よく外に出ていて運動をして健康な人の場合には、
ヒゲが生える早さも遅くなるようです。
逆に運動をあまり行わず不健康な生活をしている人は、
ヒゲの生える早さも早くなるようです。

 

遺伝的な影響はしかたないと思いますが、生活環境は
本人の努力で変えることができると思うので、
ヒゲが濃いことで悩んでいる方はまず、
自分の生活環境を見直してみてはいかかでしょうか?
もし、不健康な生活をしているなと思えば改善すれば良いのです。

 

ヒゲに限らずムダ毛などの当てはまります。
女性でも腕や背中の毛が毛深い方がいますね。
これは、毛の発育に大きく関わっている男性ホルモンの分泌量が多いためです。
男性の場合には、男性ホルモンの分泌量が多いか少ないか
毛の濃さが変わってくると言われています。

 

女性の場合は、普通男性ホルモンの分泌量は少ないのですが、
上記に述べた通り男性ホルモンの分泌量が多いと
腕や背中の毛が女性でも多くなるのです。

 

男性ホルモンの分泌を抑えるには、ストレスが大きく関係しており、
ストレスが溜まっていると分泌量が増えるようなので、
日頃からストレスを溜めない工夫が必要になってきます。