ヒゲを毛抜きで処理するときの注意事項やポイント

ヒゲの手入れ方法には、毛を抜く毛抜きがありますが、
毛抜きを行う際の処理法や注意点について紹介します。

 

毛抜きは、ピンセットなどを使い毛を抜きますがヒゲの手入れの場合には、
何千と毛が生えているので、全部の毛を抜くには相当な時間が掛かります。

 

また、毛抜きを行うと毛を抜いた部分の毛穴が開いた状態のままになってしまい、
その開いた毛穴から最近が入り込むと感染症を起こしてしまい治療しても黒ずみが残ってしまいます。
それでも毛抜きを行う際には、ヒゲを抜く前に器具と肌を綺麗に消毒してから行うことをおすすめします。

 

これで、毛を抜き毛穴が開いても細菌が入り込むことが少なくなり
安心できると思いますが、それ以上に大変なことがあります。

 

それは、毛を抜く際に痛みを伴うことです。ヒゲは顔の敏感な場所に生えているため
毛を抜くたびに痛みを伴うので、正直辛いです。

 

また、毛抜きを行うことで、毛の成長を抑えることはできますが
またしばらくすると生えてくるので、その度に毛抜きを行わないといけないので、
その事を考えるとあまり良い方法とは言えません。

 

どっちにしろいずれは生えてくるので、もしヒゲの手入れをするなら
カミソリや電気シェーバーで処理したほうが痛みもなく安全かもしれません。

 

それでも毛抜きを行う際には、それ相応の覚悟がいりますが
・・・ある意味やみつきになる時があります^^;